フケ・脂漏性皮膚炎という薄毛の要因について

フケ・脂漏性皮膚炎という薄毛の要因について

 

 

h3h3h3h3h3h3h3h3h3h3h3h3h3

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4h4

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5h5

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6h6

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

 

 

男性に多い薄毛の悩みですが、一言に薄毛と言ってもその種類は様々なものがあります。
男性ホルモンや遺伝の問題である男性型脱毛症やストレスなどの原因によって起こる円形脱毛症、外的な要因によって起こる機械型脱毛症などが挙げられます。

 

他にも皮膚などのトラブルによっても薄毛は起こります。
薄毛の中で極めて発症ケースが少ないのが脂漏性脱毛症になります。

 

脂漏性脱毛症は、何らかの原因によってホルモンバランスが崩れることで、頭皮の皮脂が過剰分泌されることによって皮脂が毛根をふさいでしまい、そこに細菌が繁殖することによって毛根の発育が阻害されて抜け毛につながってしまう症状です。

 

多少の皮脂では発症することはありませんが、目で確認できるほどの皮脂の量で毛穴がふさがってしまうのが特徴となります。毛穴がふさがってしまうほど皮脂が分泌されるため頭皮がベタベタしてしまうのも特徴といえます。

 

症状がひどくなると過剰な皮脂分泌が原因でフケや脂漏性皮膚炎が引き起こされてしまうため、しっかり対策していくことが大切です。
しかし、この症状の原因ははっきりわかっていないのが現状です。

 

ホルモンバランスが関係していることはわかっているため、他にも栄養バランスやストレスも影響していると考えられます。

 

治療法と対策には正しいシャンプーを行っていくことなどが必要です。

 

フケや皮脂が大量に出ているため刺激の強いシャンプーで頭皮を洗うとかえって必要な皮脂まで洗い流してしまい、症状を悪化させてしまいます。

 

肌に合わないシャンプーもアレルギーを引き起こすことがあるため、肌に合った低刺激なものを選ぶことをおすすめします。医師に相談することも効果的です。

 

シャンプーやコンディショナー、整髪剤が頭皮に残っているとそれが炎症の原因にもなるためしっかりすすぎをすることも対策の一つになります。

 

また、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活や髪に効果的な野菜類などを食べて栄養バランスの整った食事をすることなども大切です。

 

⇒ハゲないシャンプー方法、頭皮に優しいシャンプーの選び方はコチラをご覧ください。